ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

ちびくろと暮らしたいのはオレなのだ  


Facebookなるものをやっていると、
さまざまな人がさまざまなリンクを貼って
「そのことに共感している」、と示しておるのを知ることができる。

このごろよく目にして胸がざわざわしたのは、

   保健所に持ち込まれる犬猫が多い。
   毒ガス殺は決して安楽死ではなく苦しんで死ぬのだぞ。
   やけん保健所に連れて行くのはやめれ。
   ペットには去勢手術をしろ。

          というもの。 かわいい子猫ちゃんの写真付きであった。


オレがおおいに賛同し、イイネイイネイイネイイネと100回クリックしたか?!

  いんや。ぜんぜんヨクナイネ!


 犬や猫をペットとして飼うのは人間のエゴであることをまず思い知るべきだ。

去勢手術とは、
お犬さまやお猫さまに自分の生活スタイルに合わせていただくために
われわれが勝手にほどこすのであるからして、
彼ら(犬や猫)にとっては、ちっともありがたくもクソもないのである。

彼らが、
「不妊手術をしてくれてありがたいわぁ。
 これでわたしも、産まれてすぐに死ぬ命を産まずにやりまくれるわぁ」と感涙にむせぶとでも思うか?!


彼らは、種族保存の本能において、おおいに産むのだ。
生んだひとつの命が生きながらえて、また新たな生命を産み出す可能性が低いので
産まれた命が幼くして死ぬことを前提に、たくさん産むのだ。
たくさんのなかのいくつかの命が、また新たな命を増やせるように。

Facebookでみた 保健所に連れてかないで のやつは、
産まれて間もない子猫や子犬が保健所に持ち込まれ毒殺される残酷さについて述べておったが
幼くしてすぐに死にゆく命は
生まれてこないほうがマシだ

  と、いったい誰が判断しとるんか?

   人間だ。


アフリカで飢えの苦しみで幼くして死んでゆく赤ん坊は生まれてこないほうがいいのか?
ナイロビの娼婦の子どもはエイズに感染しとるので生まれてこんほうがいいのか?
妊娠中に検査で知ることのできるダウン症の子どもは
長生きする確率が低いから、生まれてこないほうがいいのか?


さて。話が脱線したが、ペットについてである。

ペットを飼うということは
われわれ人間のエゴを満たすことであることをまず知るべきである。

繰り返すが
われわれの生活スタイルに合わせていただくために、去勢手術をほどこす。
彼らはそんなことひとっっつも望んでないことを常に頭に入れとこうではないか。
そのうえで、おおいに可愛がりやがれ。


いまオレは、娘・Uが拾ってきた野良猫ちびくろについて悩んでおる。
元祖・クロちゃんはいつも金玉をなめておるオス猫やったが
ちびは、メスなのだ。

Uが近所の動物病院に避妊手術について話を聞きにいった。
おもしろいことに、医者は「手術をすすめない」と言うたそうな。

ここブラジルには
野良犬・野良猫を片っ端からひっとらえて毒殺する施設はない。
犬にしろ猫にしろ、野良はそこらじゅうにあふれとる。
ゴミをあさり、バールやレストランも残飯をどんどん与えるので
野良にとっては生きやすい国だ。

その反面、ひとびとは、野良犬や野良猫に迷惑したら
躊躇なく、ねずみ用の毒団子を食わせて殺す。
この行為はごくごく一般的なので、オレはちびくろのことをとても心配している。

となりのマリリアは猫に寛大だが、
下の階に暮らす家族は神経質だ。
なので、しょっちゅう声をかけて、
「ちびくろが糞をしたり迷惑をかけたら知らせてくれ。すぐに片付けるから」と伝えている。
それでも、ちびくろが下の階の部屋に侵入して食べ物を盗み食いしたらば
即毒殺されるやろうなぁ、と覚悟もしておる。

ちびが毒殺されることを想像するだけで苦しくなるが
オレはちびくろを室内に閉じ込め飼う気はない。
そして、去勢手術についても、現段階では、施術する気はない。

どんどん産めばよい。
子猫は娘・Uが飼い主を探すそうな。
飼い主がみつからない場合は、野良として生きるのだ。


最初のFacebookの保健所の話に戻そう。

もともと保健所が野良犬・野良猫を回収して毒殺するようになったのはなぜか?
それは、われわれ日本人が、
野良猫・野良犬は、ちまたにおってくれるな、という発想を持ちはじめたからだ。

無菌栽培でペットフードだけを食べノミもおらず毛並みつやつや
従順で牙を抜かれた自分の飼い犬・飼い猫はかわいくても、
めやにを垂れ、片足を失い、ざらざらの声で鳴き、ゴミをあさる野良猫・野良犬の存在は認めたくない、
そういう人間のエゴから、野良犬野良猫の毒殺が始まったんやん。



P1280420.jpg

P1280413.jpg

 ちびくろちゃんが初めて狩りをした。
 獲物はなんと、かぶと虫!

残飯はあたえるくせに、とらえたかぶと虫は取り上げて逃がすオレも
エゴ丸出しの自分勝手な人間だ。
すまんね、ちびくろ。



クリック♪ 

関連記事

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

コメント

こんにちは!

ゆきゑさん、今日の記事も興味深く読ませていただきました。
ブラジルにおける野良犬、野良猫の現状。
なんだか人間にも当てはまるような気がしました。
気楽で自由で生きやすい反面、危険や死も隣り合わせにある国。
確かに人間以外の生き物たちからみたら人間のエコなんてただのエゴでしかないですよね。
僕もペットの去勢には反対です。
もしも、自分がペットの立場なら……考えただけでゾッとします。
こんな僕でも「生まれてきてよかった」と思ってますから(笑)

FBの〝イイネ〟はコメントしても勝手に付きますもんね。
とりあえずFBに『家畜人ヤプー』のリンクページを貼ってみてはどうでしょう(笑)?

URL | nipul #Ya9ewGVs
2013/03/03 01:16 | edit

時を同じくFbにて、
犬のブリーダー&ドッグショウというものはヤクザビジネスであり、
残酷な環境でひたすらに繁殖を強要されているのが現実。
“ペットショップで犬を買うのを止めよう!”という記事がシェアされているのを読んだ。

糞まみれで毛の抜け落ちた、殴られて腫れたと思われる
頭がボコボコのワンちゃんの写真が添付されていた記事だった。

ゆき絵ちゃんのと同じく沢山の「イイネ!」がつけられていたんだけれど・・・
「飼わなければいいことだ。」と、私は違和感を覚えたんだよね。



「動物が嫌いだ。」と公言している自分だけれど、正しくは、
生き物を“自分の思うままに飼って”あたかも“優しい心を演出”している“人”が嫌いなのだ。
可愛くない訳ではない。

今、彷徨っている行き場のない命を“引き受ける”は解るんだけど、
お金を出して買う人がいるから、自然に反した命が人の手で造られる。
しかも、人の勝手で捨てるだなんて… 

そういや、人の命もお金で得られる時代になってるしね… クラクラするよ。


公言している「子供が嫌いだ。」も、同じく。
本音じゃ、生き物は素敵だ。

URL | Q #-
2013/03/03 02:12 | edit

どげんやろうか・・・あんたに共感するようで、またしないようで・・・。

私も、Qさんと同じ記事読みました。こんな話はもしかしたら作り話かも?メディアが勝手に盛り上げてるだけじゃない?ただ単に怖い物見たさに悲惨さに盛り上がってるだけなのか?これをイイネする事で何かが変わるのか?って実は考えさせられた記事やった。いいねをどうしようか迷った。

でも、幾ら"ペットショップで買うな!こんな状況やぞ!"とネット上で訴えても、このビジネス体系は崩れないと思う。
私も小さな頃は、ペットショップに行って、可愛い動物を見ると欲しがったし、買った。
でも今は、自分たち人間のエゴで捨てられ傷ついた子達を、いつかまた里親として迎えたいと思ってる。家の犬もそうやって家にやってきた子。

そういう人が少しでも増えてくれるといいな・・・と思ってさ、で結局は付けました。

おっと、去勢についてやったな。
家の犬はもう初潮の時期に、1メートル以上もある壁から雄犬達が凄い勢いでジャンプして入るわ、雄犬が通ると家の犬もこれを逃がすものか!と必死に行こうとするわで、6匹産んだ。みんないい里親が見つかって貰われて行き、今もきっと幸せに暮らしておるはずやけど、でも6匹出てきた時はそりゃぁ大変やった。
子孫を作る!ちゅう自然の力は凄いな。と思った。
ま、でも、これも私達の経済上のエゴで母子を離れ離れにしたっちゃんね。
本当、矛盾する話やんね。

でも、いつかまた産ませてあげたい。と思って避妊手術ではなくピルを打って生理を抑制しとったっちゃん。でも、最近これが癌発生率がある可能性がある。となって最近止めた。雌犬は避妊手術をした方が子宮の病気になりにくいとも言われているそうな。
でも、今、生理が来るはずの時期になっても来ない。。。。私の勝手なエゴで犬の生態系を壊したかもしれん。
将来、癌になったら私がそうさせたかのしれんね。
家の犬が喋れたら、"クソ女!!お前のせいだ!私の将来を返せ!"とどつきたいかもしれんね。
長々と、すまんね。

え?そこにカブトがおると???凄いね。そこら辺にクヌギの木があるっちゃろうかぁ・・・。

URL | Feijao verde #-
2013/03/03 23:54 | edit

カブト虫も 見る人見ればタダのゴキブリ が?!俺ら日本人からしたらカブトムシ様様 文化の違いやね〜 間違ってないぜ ね〜さん。boa sorte!

URL | りゅうこう #-
2013/03/04 01:21 | edit

nipulさんへ

以前バス停でたくさんの人たちと列をつくってバスを待っていたときに
目の前で子犬が轢かれて死んだことがある。
そのときのひとびとの反応が、冷静だったことをよく覚えとるんよ。
自分の反応だけが過剰だったと思う。
元祖くろちゃんは最初から野良猫やったけんつき合いやすかったんよ。
しかしちびくろはちいさいときにやってきたけん
どうも保護してあげなならん、っちゅう気持ちが強くなって
どんどん甘やかしてしもうとる自分にあきれとる。
今日もせっせと下の階の車のしたのウンコを掃除して
「どうかねずみ団子を食べさせられませんように」と祈っとるオレだ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/03/04 06:53 | edit

Qへ

ペットショップで売られている犬猫の値段をみると
目ん玉が飛び出るばいね!
オレやQが、○○っちゅうメーカーの靴が大好き、っちゅうのと同じように
この顔でこの性格の犬が好き、っちゅうのもあるんやろう。
品種によって犬にも性格がいろいろあるんやろ。
日本人はだいたい勤勉でまじめ、というように。
しかし、高いお金を出して買う対象は物ではなく生き物だ。
ハスキー犬が流行ったあとに、その犬の性質をもてあました多くのひとが
たくさん捨ててさ、ハスキーの野良があふれた時期があったね。
ひどいことだ。
Qはもとから、小動物やちいさい子どもに対して「きゃーー、かわいい」と駆け寄っていかないタイプやけど
動物自体が嫌いじゃないこと、知っとるよ。
オレも同じく「動物を好きじゃない人は信用できない」と豪語する人間のほうがうさんくさくてすかん。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/03/04 07:00 | edit

豆へ

誰ひとりペットショップで買わなくなれば、
需要がないわけやけん、ブリーダーという職業も消失するんやないか?
そして世間には雑種の犬猫があふれて、どんどん強い種族が増えるというわけだ。イイネ!
あの細っこいSAKURAが6匹産んだんやけんね、すごいよなあ。
父親は獰猛な犬やったっちゃろ。
そうやって弱肉強食でオスの戦いに勝った強いオスと交尾して
強い性質の子どもを産んだんやねSAKURAは。
あんた、子犬を里子に出したんは、いいことやないの。
そのまま6匹ともあんたが飼ったとしても、息子の子どもをまたSAKURAが産んで
あんたんがた犬の館になっとったね。
犬に母子の愛などなく、どんどん近親相姦するったい。わっはっは。
カブト虫こっちで初めてみたけん、びっくりした。
クヌギの木? スイカがあればかぶと虫は生きていけるんじゃないと〜!?

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/03/04 07:18 | edit

りゅうこうへ

オレが東京で働いとったときの社長は北海道出身で、
初めてゴキブリをみたとき
「東京のゲンゴロウは水中じゃなくても生きるんだ!」と感心したんて。
北海道はゴキブリがおらんのだ、わっはっは。
このカブト虫、オスなんばい。
みじかいけどちゃんと立派な角がついとった。
なぜかすこし背中が白っぽくなっとった。
そして、日本でよく見るかぶと虫より小さかったけん最初はオレもカナブンかと思った。
かぶと虫はかっこいいよなあ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/03/04 07:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/566-2bdda6eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)