ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

甘やかさんぞ  


先日、娘・Uが転んでひじを怪我した。
本人はとても痛いらしく「病院につれていけ」とうるさい。
対するオレと夫は、肘を調べてみて
「この腫れ具合なら骨折なし。ただの打撲ったい」と判断。
病院には連れていかん宣言をした。
「Uよ、ぎょうらしいったい。」

病院につれてってもらえんことがわかったUは、
あるいはUのひじちゃんは
「こりゃたいへんばい。病院の力を借りられんごとある。
 仕方ない。自力で治すしかないべ」
  とアドレナリンを大量に分泌させたのか、治ってしまったようだ。

P1270390_20130318214636.jpg     バスのなかから発見した娘・Uと友だちのサマーラ


しょっちゅう病院にかかったり、薬をたよりにしとると
体がそれに甘えて、弱くなるように感じる。
オレもかつては
月に1回は病院にかかるようなか細い乙女やったが
ブラジルに移ってきた当初、病院にかかることのできん環境に2年間いた。
そのあいだにずいぶんと心身が強くなった。

肌も、あれやこれやと甘やかして基礎化粧品をわんさかつけるより
石けんで洗いっぱなしのほうが頑丈になる。

冬になると丈夫なオレの顔もすこしかさかさする。
そのときにつける化粧水は
ゆずの種を浸したピンガだ。
柚子の種からにじみでるエキスで、とろ〜りとしとる。
すこぶる調子がいいぞ。



クリック♪ 
関連記事

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

コメント

私もお風呂上り何もつけんです、その方が肌が必死になって
うるおそうとする って何かで読んだよ。

だから、当たり前だけど乾燥肌で、年中静電気ビリ子だけどね(笑)

時々思い出してクリームをコッテリ付けようモノなら
肌が呼吸できなさそうな気がするよ。

URL | Maki #dvUYBDnY
2013/03/26 09:30 | edit

うたちゃんは、まだ子供だからたまに目に見える優しい恩恵が欲しいのかもしれないね。
っとか言っても関係ないゆきゑちゃんたちだよねー笑
ブラジルだけに限らないけど、快い恩恵を受けることができる人たちは、裕福な人達に限られてきてるところが、かなり不満に思う。
助ける立場にいる人はいつでも中立でいないといけないんではないんかって人達も、結局お金と、自分の立ち位置に重視して、大事な使命を忘れてると思うことが多い。
これじゃダメだ。なんてこっただ。
こんなことじゃ、有名大学に行く必要性に信憑性が欠けてきて、大学ってものへの信頼が激落ちだね。そんなもんなんだ。点数とか誰が決めたんだ?
ってことで、自分に対してよく会話して生きてくすべを見つける苦労を身につける方が、確実だと思う。
自分にもそうだけど、マサちゃんにもれんちゃんにも、具合いが悪いからって薬をすぐに進めることはないな。
あれを飲むといっきに病気なのかって気分に落ちて、弱い人になってしまうわけ分からない感じが嫌いだ。40度超えの熱とか出てしまった時には解熱剤くれ~ってもがいてる自分もいるけど、薬にたよろうとしてる現代病なんだって思う。だいだい時間を要すれば、すっきりしてくるもんな病気といわれるものなんだからこの程度で、我他我他することはないんだよね。甘ったれんなな気持ちでいいね!
その期間を、楽に終わらせようじゃなくて、カッコ悪くとも長引いてウンウン唸りながら峠を超える過程が大事なんだと思う。強くなるしかないじゃないですかー!
子供が小さすぎる時とか、やっぱしびっくりしてコウセイブシツ飲ませたことあったけど、あのいきなり熱がさがってスヤスヤ~寝ました~とか、今考えたらすごい怖い現象に思えたりするくらい機械的だ。今じゃ気持ち悪いし怖い症状と思う。
ゆとりをもってゆっくり見ていくことほど、新しい医療に目覚められるかもしれないって最近思ってる。
今度うたとジョアンを連れてスリランカに行ってみるねー!



URL | よしみ #-
2013/03/26 12:08 | edit

こんにちは!

さすがゆきゑさん!
お子さんを甘やかさないというか、ダンナさんと二人でチェックして〝大丈夫〟と判断したんですね。
両親二人の目から見て〝たいしたことない〟と思ったらたぶん大丈夫ですよね。

ブラジルで生きていく以上、心も身体もタフでなきゃ生きていけませんからね(笑)
自分の国は安全だとあぐらを掻いている日本人にも言ってやりたいです。
日本の〝平和神話〟はいつ崩れてもおかしくないんだってね。
地震の危機は身近に迫ってきているし、北朝鮮、中国は不審な動きを続けているし、原発問題もある。
ブラジルとは違った意味で日本も危険がいっぱい潜んでいます。
どれだけの日本人がそれを身近にあるものとして感じているか?
結局、有事にならないと危機感を覚えない民族なのかもしれません。
有事になった時には遅いのにね……。

URL | nipul #Ya9ewGVs
2013/03/26 12:17 | edit

うたちゃんは、まだ子供だからたまに目に見える優しい恩恵が欲しいのかもしれないね。
っとか言っても関係ないゆきゑちゃんたちだよねー笑
ブラジルだけに限らないけど、快い恩恵を受けることができる人たちは、裕福な人達に限られてきてるところが、かなり不満に思う。
助ける立場にいる人はいつでも中立でいないといけないんではないんかって人達も、結局お金と、自分の立ち位置に重視して、大事な使命を忘れがちな人達も含まれてるから心配に思う時がある。
これじゃダメだ。なんてこっただ。
こんなことじゃ、有名大学に行く必要性に信憑性が欠けてきて、大学ってものへの信頼が激落ちだね。いいのか?それで。そんなもんになっちまったのか???点数とか誰が決めたんだ?
ってことで、自分に対してよく会話して生きてくすべを見つける苦労を身につける方が、確実だと思う。
自分にもそうだけど、マサちゃんにもれんちゃんにも、具合いが悪いからって薬をすぐに進めることはないな。
あれを飲むといっきに病気なのかって気分に落ちて、弱い人になってしまうわけ分からない感じが嫌いだ。40度超えの熱とか出てしまった時には解熱剤くれ~ってもがいてる自分もいるけど、薬にたよろうとしてる現代病なんだって思う。だいだい時間を要すれば、すっきりしてくるもんな病気といわれるものなんだからこの程度で、我他我他することはないんだよね。甘ったれんなな気持ちでいいね!負けたくない!
その期間を、楽に終わらせようじゃなくて、カッコ悪くとも長引いてウンウン唸りながら峠を超える過程が大事なんだと思う。強くなるしかないじゃないですかー!
子供が小さすぎる時とか、やっぱしびっくりしてコウセイブシツ飲ませたことあったけど、あのいきなり熱がさがってスヤスヤ~寝ました~とか、今考えたらすごい怖い現象に思えたりするくらい機械的だ。今じゃ気持ち悪いし怖い症状と思う。
ゆとりをもってゆっくり見ていくことほど、新しい医療に目覚められるかもしれないって最近思ってる。
今度うたとジョアンを連れてスリランカに行ってみるねー!



URL | よしみ #-
2013/03/26 12:22 | edit

おっととー、2回も押してしまいやした~。乙

URL | よしみ #-
2013/03/26 12:25 | edit

Makiちゃんへ

そう。肌も必死にならざるを得ん、っちゃろうね。
顔に何もぬらないことに慣れてしまうと
乳液つけただけで呼吸困難になる!
ブラジルでありがたいなぁ、と感じるのは
女性が外にでる、働きにでるに際しても
お化粧しとることが常識やないこと。
化粧しとらんでも、どこででも許されるけん、とてもうれしい。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/03/26 21:45 | edit

よしみへ

医療にたずさわる人の覚悟っちゅうか心意気が低いと感じること多々やね。
とくに西洋医学は。
東洋医学を見直すのが良いやろう。
自分の体に耳をすませて、じっくり体調不良に向き合う。
むかしの人の知恵を聞く。
こないだ読んだ本に
風邪をひいてのどが痛いときにはロシアでは
『ウォッカで湿らせたタオルを首に巻いて、そのうえからサランラップすると治る』って。
要は温湿布なわけやけど、これが翌朝までタオルがホカホカしとるんてよ。
体温計の数値を見て一気にぐったりするように、
ほんと「病は気から」とはよく言ったもんやね。
体は心から出来て、心も健康な体があるほうが健やかでいられる。
心身のバランスはとても大切だ。

> 今度うたとジョアンを連れてスリランカに行ってみるねー!
   ↑
 よしみが、うたに連れてってもらうんやろ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/03/26 21:53 | edit

nipulさんへ

もう10日くらいたつけど、
まだ娘は、思い出したように「病院につれてって。まだ痛い」言いよるよ。
こけたんやけん1ヵ月ぐらい痛いに決まっとろうもん、と笑い飛ばしとる。
日本は目に見えないものの恐怖があって、いま本当におそろしい。
みんな危険は察知しとるけど
動けない、どうにもならないんやろう。
どんな状況になっても、それに耐ええられる力を培いたいもんだ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/03/26 21:56 | edit

甘やかせてやれよ、おまえのその下っ腹みたいにさ。


痛いもんは痛い。

出るもんは出る。


決めるのは本人だ。



では、ねる。

URL | 良太 #-
2013/03/26 22:17 | edit

そうそう!
何でもかんでもすぐに病院に行ってると身体の治癒能力?が衰えていって、怠けた身体になる気がする。
薬に頼るのも嫌いなタチだけど、子供が産まれてからは頭痛が酷い時は薬に頼ってます。
じゃないと育児放棄気味になっちゃうから・・・。
どんなに身体が辛い時でも子供達は知ったこっちゃないからねー。

自分の身体の事は自分である程度分かるけど
子供が体調崩したり、怪我した時はちと不安になります。
だからってあまり病院には行かないけど。
近所に住む旦那の家族には子供が体調悪くても病院に連れて行かない冷たい母親と思われてるかも。
旦那の家族は病院と薬が大好きなので・・・。苦笑
お義母さんは膝を痛めて、ヘルニアで腰の手術していても痛み止めを飲んで踊りにいく強者です。
そんなお義母さんと飲むお酒が楽しくて大好きです

URL | macedinha #-
2013/03/27 01:01 | edit

良太へ

いんや。甘やかさん。
この手のことは、ガキのうちに基礎ができると思うけん
いまにうちに頑丈にしとったほうがいい、っちゅう考え。
おとなになって、思いっきり甘やかしてくれる男性といっしょになるといいね、とは思うが。
ま、でも痛さの感じ方は個人個人違うけんね。
娘がどんくらい痛いかは、娘しかわからんったいね。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/03/27 01:03 | edit

macedinhaちゃんへ

そうやったね、macedinhaちゃんのお母さんは、ダンスに行くのだった♪
そしてそんなおかあさんと楽しくお酒を飲むmacedinhaちゃんもすてきだ。
うちの母は病院と薬が大好きでね、
かかってない科は、小児科だけ、っちゅうくらい
毎日のように病院に通って、どんぶり一杯くらいの薬をのむ人なんよ。
それなのに、というか、それだから、原因不明の蕁麻疹ができとる。
薬が原因なのでは? と、薬を断つことをすすめるばってん
もう薬依存症やね、やめきらんとよ、病院も薬も。
そんなふうに身近な人になってほしくないけん
病院や薬を極力避けたいのかもしれんオレ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/03/27 01:10 | edit

そうだ!そうだ!甘やかせてやれ。

大きくなってがっちゃんひっちゃんな足になったrどげんするとかぁ~~!
Uちゃんは、まだまだお前のような野太い骨は持っとらんごたーやったぞ。
湿布ば送っちゃろうか?

URL | Feijao verde #-
2013/03/28 05:01 | edit

豆へ

ふんっ。うたの肩をもちやがって。
もっと骨太にするには、たくましく育たなならんったい。
骨折のひとつやふたつ何だというのだ。
と一度も骨を折ったことのないオレは言う。
湿布やらいらん。氷で冷やすか、ウォッカでぬくめるかすればよか。
デコにぶつぶつができても薬やらぬらんぞ。食べ物を見直せばいいったい。
あるいは、ぶつぶつができたイコール買い食いしよるイコール親の財布から金をぬすみよる結果ぶんなぐられる、ったい。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/03/28 07:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/591-399aacda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)