ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

こげな役イヤばってん  


オレの父は、不便な体をもたされて生まれてきた。
生まれつき片方の膝が曲がらんの。

『正座ができんけん行儀わるい』と、今も言うておる。
『子ども時代にわるさしたら
 逃げ足が遅いで捕まりよった悔しい思い出がある』とも。
身体障害者手帳も最近ようやく使うようになった。
『高速道路の値段が半額やけん料金所で見せよる』んて。


曲がらない膝は、年とともに、痛みも発生してきとる。
しんどいやろうなぁ、と、娘であるオレは心配するが、
オトンは弱音を吐かんけん、
どのくらい苦痛があるのかオレはうかがいしれぬ。





望みもせんのに最初っから思うまま動かん体、っちゅうのもしんどいばってん、
生きている途中からいきなり、っちゅうのも、
苦しみは大きかろうと想像できる。

便利を体験したことのある体が、
ある日突然、苦痛をともない不便になるんやけん、
戸惑いと苛立ち、不安・恐怖は大きかろう。



われわれは常日頃、事故にあわないように、病気をしないように
不本意な役を与えられないように、
気をつけて暮らしておるが、
どんなに用心しとっても、役は突然に与えられる。



オレは産まれたとき
『走るのが速い足で生まれてきた』役やったばってん、
今後もしかしたら
『事故で体の一部を損傷、あるいは失う役』を与えられるかもしれん。
走ることができない日は、
いつか必ずだれにでも来るのだ。


いつ、なんどき、どんな役を与えられるかわからん。
こげな役いらん! っちゅうて
大暴れしても、この役から降りられんかもしれん。
こんな役いらん、いうて、返すわけにはいかんのだ。





さて。
福岡に暮らしとるときに、
オレの心を太陽にように明るくしてくれよったべっぴんさんがおる。
内臓もぴかぴかやろうね、っちゅうくらい、肌も声も笑顔も美人だ。

その彼女が、原因も特定できん意地悪な病をわずらう、っちゅう
いらん役を与えられたしもうた。
P1280854_20130801063218129.jpg

P1190703_201308010735205c2.jpg

blog_import_4f4b7d00c9d9d_20130801073528590.jpg







仏教の立場はこの言葉に尽きる。


道のよからんことを祈るより
いかなる道にも堪え得らるる力の
加わらんことを願え (弁栄聖者)



彼女の内の太陽が、どうか太陽のままであるように、
西にむけて照柿のように美しい夕日を見送る。
どうか彼女のこころが損なわれませんように、と
彼女の太陽を彼女に還す。



クリック♪ 
関連記事

AD

category: からだ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

コメント

今日もまた・・・

すーっと胸に入ってくる言葉をありがとう。
弁栄聖者のおっしゃる通りだね。

よく難聴児母仲間と話すこと、
『わたしたち、決して障害児の母となるべく生まれ訓練されて母になったわけじゃない。
望んで受けた役ではないけど
回ってきたからには逃げるわけにいかないもんねって。』

受け入れて強くなる・・・その過程には
心を見失ったりすることもあるかもしれないけれど
ゆきえのおともだちに太陽が願いを届けてくれていることを願うよ。
そして辛いニュースをしっかり受け止め
前向きにはげまそうとしているゆきえもえらいよ。

URL | belle #-
2013/08/01 22:46 | edit

BELLEへ

こちらこそ、ありがとう。
いまから言うことは、オレの見解であって、Welderはそうは考えてないんやけど、と
前置きして言おう。
オレね、困難な役を与えられる人、っちゅうのは
その困難を克服できる選ばれし者、と考えるんよ。
難聴を抱えるエイトの母親役として、belleは選ばれたんやな、と。
この人なら乗り越えられる、っちゅうブッダからの使命やもしれん、と思うとる。
福岡の太陽ガールも、ものすごく明るく前向きだ。
belleのようにからからと底抜けに明るい声で笑うんよ。
オレみたいなダメ人間のぶん、
彼女がしんどさを抱えて、がんばってくれよる気がする。ありがたいことだ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/08/01 23:42 | edit

その、ねーさんの想いはきっちり、つたわりますわー そして又、日は沈み、日は昇る、どんな時でも、地球は廻る。

URL | ufo #-
2013/08/02 00:04 | edit

こんにちは!

ゆきゑさん、僕も最初に生まれてきた設定が最弱の状態だったので、今の一時期の健康な時期を大事に使いたいと日頃から思っています。
子供の頃から比べれば身体はだいぶ強くなったけど、精神面はだいぶ歪んでしまったような気がします。
強く生きていく為に心を黒く染めてきましたが、今は自分が自分でいられる間にもっと心を清めたいと思ってます。
その為には一刻も早くこの国を脱出しなければ(笑)
将来、僕にはどんな役があてがわれるのかな?

今日の記事の写真、近所の景色ですか?
夕焼けが凄く綺麗ですね☆
こういう夕闇って昼と夜の間ってだけではなく、表と裏、善と悪の境目って感じで好きですね。

URL | nipul #Ya9ewGVs
2013/08/02 01:10 | edit

使命と言えば使命かも・・・・・

でもわたしはゆきえの言うようにはとらえてなくて
どっちかというと自分の足りない部分やダメな部分を補うチャンスとして与えられたような感じで受け止めてるところがあるよ。
周りからみたら困難や不運に見えることでも
渦中にいるとそれ自体が自分を照らしてくれるものだったりすることもあるんだと思う。
太陽ガールもしんどさを引き受けただけじゃなく
一緒に何か手に入るものがあるに違いない。

URL | belle #-
2013/08/02 04:19 | edit

胸に刺さりました……。
私って弱虫だなぁって……。
強くなりたい、強くありたい…心ではそう思っているはずなのに
結局は真逆です…。

だから胸にグググと刺さりました。

URL | こゆき #-
2013/08/02 05:57 | edit

UFOへ

そうね、伝わったね。そいつぁうれしい。
西へ沈みゆく夕日は1日の終わりとして尊くありがたい。
そして西方浄土(さいほうじょうど )という言葉もあるように
インドでは古来いのちの終わりにおもむく場所の方角として敬われてきた聖なる方位なんよ。
そしてその場所というのは すなわち再生の場、完成の場でもある。
逝って甦るんやね。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/08/02 22:41 | edit

NIPULさんへ

体が弱く生まれてきたんやね。
さぞ親ごさんは心配されたやろうね。
さて、NIPULさん。
もしかしたら、『日本で暮らしつづける役』を与えられるかもしれんぜ。
いやだいやだ、と、道端でジタバタ転げまわって、その役目からは逃げられんかもしれんぜ。
日本が悪で、ブラジルが善、っちゅう図式が成り立たんように、
陽と陰も、両方在らねばならぬ。
それが中道。
最近は日が長くなってきたけん、帰りのバスから夕日が見える。
これらの写真は、オレの目が見た夕日だ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/08/02 22:56 | edit

belleへ

ほら、やっぱりbelleは、仏陀学校の優秀な生徒だ。
> どっちかというと自分の足りない部分やダメな部分を補うチャンスとして与えられたような感じで受け止めてるところがあるよ。
  ↑
このように受け止められるまでにどれだけの葛藤があったか想うと、
立派やなぁ、と感心するよ。
そして太陽ガールも、なかなかばい。
『特効薬がほしい』っちゅうけん、そうやろそうやろ、と、うなづいたら、『二日酔いの特効薬』げな。
このセンス、珠玉やなぁ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/08/02 23:00 | edit

こゆきへ

強くなりたい、と願うのなら、かならず強くなれるよ。
なかなか人間は、考え方の性質などが変わりにくいけれど、
変わりにくいけれども変わるから、修行がある。
刑務所で罪をつぐなう。
そしてこゆきは弱いのではなく、きちんと強いと感じるがなあ。
弱いのではなく、こころが柔らかいんだと思うよ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/08/02 23:04 | edit

出遅れた感あるけれど、コメントさせてもらいました。

私も、ゆきゑさんと同じ見解です。
「困難は、越えられる人にしか与えられない」って思って、生きるようにしています。

自分の中で「これ、きついな・・・」と凹みそうになった時も、「いつか、自分は越えられるんだろうな」という思いと「止まない雨はない」と心の中で唱えながら、この年まで生きてきたよ。

こうやって、自分のことで精一杯な私、どんな役が与えられている
人生なんだろう??

URL | MIKI #-
2013/08/07 08:44 | edit

MIKIちゃんへ

のりこえて成長するために困難を与えてもらった、っちゅう境地にくるまでに
オレもMIKIちゃんもだいぶん時間かかったよね。
意地悪な人が目の前に現れたときも、同じように考えるようにしとる。
ばってん、時々くるっと考え方が弱気になって
『なんでオレばっかり、こんな役を投げられるんだ』と、文句の100くらいあふれそうになるね。
「止まない雨はない」は、そんなとき語録に加えさせてもらおう。
これから先も、きっと想定外の役、いっぱい待ってるやろうな。
40台、女ざかり、がんばろうや♪

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2013/08/07 21:27 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/694-0c947b04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)