ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

ことばと心  


大切に思っとる友人に、きびしいことを言われた。

 オレら夫婦がポルトガル語をろくに話せないことについて。だ。

正確にいえば、そのことを批判されたのではなく、
「いままでの5年間は日系企業で日本語のみで生活しとったぬるま湯生活。
 ポルトガル語が話せないのも仕方なかったやろうけど
 これからが本物のブラジル生活やね。
 がんばってはやく話せるようになれ」っちゅうふうに、やんわりと言われたのだ。


ばってんオレは、その言葉を真摯に受け止めることができんかった。
『ぬるま湯』っちゅう言語にびしゃっと押しつぶされ傷ついたんよ。
くやしさあまって、言い返すオレ。
「オレらの5年間にはあなたの想像つかない苦労もあったぜ」と。

「ブラジルに暮らさせてもろうとるのに、
 ブラジル言語を喋れないことの厚かましさは充分承知しとる。
 言葉で完全に意思をコミュニケートできないはがゆさは、
 自分自身がいちばん感じとるわい!」と。

そげなことも想像してくれんで、ぽんぽん批判しやがって、と
とても悲しかったのだ。


さらに友人は、追い打ちをかける。
「そのくやしさをバネにして、しゃべれるようになるのはもちろん
 がんばって商売成功させて、見返してみせろ」と。


友人の思いやり・オレを好いてくれとるからこその厳しい発言、っちゅうことは、
がっちり理解できたのだが、
あまのじゃくなオレは、
「うんわかった。がんばる」と返せなかった。

素直に返答できなかっただけでなく、
ひねくれた暴言を吐いた。

 「ポルトガル語を話せない店主が営むレストランがあっても面白かろうが!
  まじめでクソ面白くない店なんぞつくるつもりはなか! 
  オレはポルトガル語をしゃべらん変人マダムとして君臨するぞ!」
  





この友人とは、この程度の諍いで仲が壊れることはないけんいいばってん、
言葉というのは気をつけなならん、と、しみじみ感じた一件ではあった。
正論は人を傷つける、と、身をもって知ることができた。
オレ自身はかつて、人を傷つける側の人間やった。
正論をずらずら並べて人をこてんぱんにやっつけるのが得意やったったい。


けれどここ数年は、言葉に慎重になってきた。
1度口から飛び出した言葉はひっこめることができんけん、
慎重に発するように気を配っとる。
ぽんと発した言葉が
どろどろのタールのように相手の心に沈むことを避けたいからだ。
ぽん、と言い返したいことでも、まず、口をつぐむ。
ようく考える。
その場で返せないことも多々ある。
何日も考える。
そうした結果、どうしても伝えたいと決定したことは、伝える。


メールも然り。
事務的な内容、簡単な内容にはすぐ返信するが、
それ以外のメールにぱぱっ、と返信することは、まずない。
ようく考える。
そして、返す。
ぱぱっ、と書いたことを下書きすることもある。
その下書きは、後日ゴミ箱に放ることになる。
「ああ、即返信しなくてよかったなぁ」っちゅう思いとともに。




ばってん、こげんして気をつけていても、
知らず知らずに数多くのひとを傷つけ、やっつけとるんやろうなぁ。

P1440235.jpg



昨夜は、うちに滞在しとる友人とふたりで深夜まで討論した。

おだやかに対話したつもりだったが、
翌朝、夫が言うに、

「大げんかしよったね。
 『だまれ、きさま!』とか『死ね!』とか
 罵声がいっぱい聞こえよったばい」げな。


暴言を吐かないようになるには、まだまだ修行が必要なごとある。



クリック♪ 
関連記事

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

コメント

がんばって

ゆきゑさんの良い所は、 そうやって、冷静に、後で 反省出来る所。

すごく素直。 誰だって素直にはなかなか、なれない。反省など、気がつきもしない人がどれだけ多いか。
だから、ヒトとして 成長されるんですね
私は 語学学校で、一番出来の悪い生徒でした。 しかも、一回 1万円近い授業料を、

夫が昼食や 小遣いを始末して、支払ってくれ、断腸の思いなのに、授業後、1万円分 ドイツ語が うまくなるか、といえば、亀のような 歩みで、我が身を 苦しく思いました。

ゆっくり、少しずつ、確実に 楽しみながら、学びましょうネ

URL | ファブリ- #L8AeYI2M
2014/02/25 07:48 | edit

ゆきゑちゃんたちの苦労は基本裕福なレールに乗っかってる人には解るはずない。
あの悪評高きブラジランジアで注目浴びまくって好かれて何も怖い目に合うことなく沢山の人達を楽しませてくれた功績は言葉がうまい、下手なんかのレベルでない。
文法だ~発音が〜とかわけの分からない悩みを発しながらその人らしくないカチンコチンのポルトガル語を発することは、明朗なブラジル人を傷つけることもある。と思う。
仕事にもよるけど、ペーらペーら言葉は話すもんじゃないと思う。
外国人だからこそ、ゆっくり謙虚に自分らしい言葉を見つけて習得していく今のゆきゑちゃんでいい。
心は言葉を超えてる〜🎶
なんとかなるっしょ!!
楽しもうじぇ〜♥

URL | よしみ #-
2014/02/25 08:59 | edit

だまれ、くそガキ。



くわんと くすた?



あっははは!

URL | おれ。 #-
2014/02/25 12:30 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/02/25 17:36 | edit

大丈夫、今の環境だったらすぐに上達するよ。
語学って、『話せる話せない』、『分かる分からないみたい』に白黒はっきりしたものでは無くて、数々なグラデーションを通っていって上達していくんだよね。ゆきえちゃんたちも『ろくに話せない』レベルじゃないと思う。耳も上達しているだろうし、単語がすぐ出て来なくても、ちゃんと脳の中に保存されてるよ。キチンと情報が脳の中で整理整頓されてないから、いざとなったら探し出すのが困難なだけ。。。使っていくうちにどれだけの情報を持っているか分かってくるよ。
あせっても駄目だよね。上達もみそは楽しむ事。子供が学ぶようにね。

私もね、本当に言葉って気を使う。そして考えることにも。。。いくら気を使っても心も中のものは絶対にでてしまうからね、他人を傷つけるようなことは言わないし、思わないように気をつけてる。難しいけれどね。

URL | ニール #l787VQ0.
2014/02/25 21:22 | edit

こんにちは☆

今日の記事、将来ブラジルで暮らそうとしている僕自身にも充分に考えられることですね。
僕は性格上語学学校などにに行ってもあまり身につかないと思うので生活の中でポル語を習得していくしかないと思ってます。
そして、それにはレイラの彼女を作ってブラジル人の中に身を置くのが一番手っ取り早いと思ってます。
ブラジルで生き延びる為に言葉を覚えるか、言葉を覚えるからこそ生き延びられるのかって感じです☆

でもゆきゑさんは僕なんかよりも全然先を行っているからな☆
僕も早く追いかけなきゃ(笑)

URL | nipul #Ya9ewGVs
2014/02/26 03:10 | edit

ファブリ-さんへ

ほめてくださりありがとう。
反省はできるようになったけれど、そこから先の進歩が、のっこらのっこらのろすぎるようです。
旦那さまが協力して捻出してくれた1万円の授業料。
それなのにドイツ語が身に付かなかった際の苦さ・苦しみ、
想像したらつらくなりました。
ファブリ-さん、そのようなしんどさを乗り越えてドイツ語を習得されたんやなぁ。
うん。
> ゆっくり、少しずつ、確実に 楽しみながら、学びましょうネ
  ↑
ありがとう。そのとおりにやろう♪

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/02/26 04:53 | edit

おまえへ

おまえ股べろべろに酔うてコメント書いたろうが。
だまれ、皮ナガめ。
昨夜は、うたとケンカしよったのう、そういえば。
はよ寝れ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/02/26 05:02 | edit

Mちゃんへ

オレ、寡黙なMちゃんが、言葉を発さなくとも
『言霊』を感じよったよ!
目から発する、ちゅうか、体全体からいろいろ出てきよる。
そしてオレに対して行為を持ってくれとると、ずっと感じとる。
まちがってない? オレうぬぼれとるだけやろか 笑
ていねいにていねいに考えてから、ようやく言葉にしとる、っちゅうこと
解っとるよ。
Mちゃんがゆうてくれたように、強くもやさしくなりたいなぁ。
ありがとう。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/02/26 05:07 | edit

ニールちゃんへ

ありがとう、ニールちゃん。
うちの娘と同じ年齢で親にブラジルにつれてこられ、いっぱいがんばってきたニールちゃんからの励ましは、
でっかいエネルギーとなるなぁ。
ただなんの謙遜もなく本当に『ろくに話せない』レベルやけん、
そのあたりは、言い訳のしようもない。オレのがんばり不足でしかないんよ。
ばってん、ニールちゃんのアドバイスどおり、「楽しむ事。」を念頭におぼえていこう。
> 私もね、本当に言葉って気を使う。そして考えることにも。。。いくら気を使っても心も中のものは絶対にでてしまうからね、他人を傷つけるようなことは言わないし、思わないように気をつけてる。難しいけれどね。
 ↑
そう、それ!
同感。
心に思っていることは、口に出さなくてもいつか外に出ていくとオレも恐怖をもって感じとる。
やけんね、言葉に気をつける、んではなく、
心に気をつける、やね。
「きらいだ」など、負の感情は発生させんごとなりたい。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/02/26 05:13 | edit

nipulさんへ

さあて。
nipulさんが、ブラジル女性を恋人にもつことができるのが先は、
ポルトガル語を習得が先か・・・楽しみやね。
 と、無難にコメントを返そうか、と思ったばってん、やめた。
ブラジル言語を習得するために、ブラジル人の恋人を作ろうなどと甘い考えをもつでないぞ。
ボキャブラリーの少なさで恋をするには、
中身がずっしりつまっとる人物でなけらにゃならんのだ。
それかセックスをばつぐんに磨きたまえ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/02/26 05:18 | edit

悪いけど、私もその厳しいお友達と同感です。

>「ポルトガル語を話せない店主が営むレストランがあっても面白かろうが!」
傍から見ていれば面白いかもしれませんが、客からしてみれば、どう見えるでしょう?

ゆきゑさんたちは、レストランだけでなく、宿と道場も開く予定ですよね?
何か面倒に巻き込まれたとき、宿の人が現地の言葉で対応できなければ、お客さんは不安になるのではないでしょうか?
ブラジル人が仏教に興味を持っていても、ポルトガル語で説明したり、話したりできなければ、両方ともモヤモヤとした気持ちにならないでしょうか?
厳しいかもしれませんが、「プロ」は言語の面でもプロフェッショナルでなければ。

私もドイツに渡って一年と三ヶ月、ようやく医者とドイツ語で話せるようになりました。
今まで払った授業料はけして無駄遣いではなかったと思います。
日常生活だけではここまで覚えられなかったし、その言語の構造、言い回し、
似ているけど微妙に違う言葉… これらはプロに教えて貰えたからこそです。

ポルトガル語での言い回し、言葉遣いも覚えれば、従業員や取引先とも、
気持ちよく付き合えると思います。仲間意識も生まれると思います。
いつかゆきゑさんたちが、ナタールで「外国人」でなく、地元にしっかり根を張る日が来ると信じ、応援しています。

URL | ヨーコ #-
2014/02/26 06:31 | edit

ヨーコちゃんへ

傷口に塩をたっぷり、痛み入るぜ、ヨーコちゃん。
すみすみまで尤もな意見だ。
そしてそのことは、百以上、自分自身が知っておる、解っておる。
解っておるわりには、ちっとも実をむすばんのは、努力不足、この一言につきるやろう。
一点だけ、同調しない箇所は、
オレはエイリアンとして謙虚にこの地に住まわせてもらおう、と思うとること。
ルーツがちがうからこそ、日本人としてブラジル人に、仏教を伝えることができると考えとるんよ。


URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/02/26 07:47 | edit

私も

はじめまして。

半年前に海外に移住し、現地の人に迷惑をかけながら言語で悪戦苦闘しています。
現地の言葉で友達を作りたいです。
このブログに、ブラジル人のお友達が登場することを楽しみにしています。

ところで、コメントを書かれている方の中にブラジル人の恋人を作ろうとなさっている方がいらっしゃいましたが、私は言葉の習得半ばに恋人が出来ました。

愛の力は偉大です。リスニング力、理解力、あっという間につきます。
ただし相手の。

相手(ネイティブスピーカー)が日本語なまりを覚える方が、
こちらが外国語を覚えるより絶対に早いです。
そしてこちらの発音がおかしくても文法が間違っていても意思疎通できるようになってしまいます。

外国語を覚えるなら、知らないネイティブスピーカーと話す機会を増やすことをお勧めします。

URL | Lon #-
2014/02/26 14:05 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/02/26 18:02 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/02/26 21:39 | edit

Lonさんへ

コメントありがとうございます。
言語で悪戦苦闘、とのこと、同じ思いをしとるかたがおること、
心強く励みになります。
恋愛が、言語の習得への強力な教材となることは、多々みみにしたことがありますが、
お相手のほうが敏速に日本語を習得なさったとのこと!
彼のLonさんへの愛の深さが解ります。
恋人とのコミュニケーションにより他国語を習得した場合、
恋人が男なら男言葉に、女なら女言葉になる、とは聞いたことがありますが、
なるほど、Lonさんのおっしゃることは信憑性があります。
知らないネイティブ、すなわち、恋人や親類以外の人々からの会話から吸収したならば、
まんべんなく(笑)身に付くように思いました。
貴重な意見、ありがとうございます。
本当にうれしかった。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/02/28 08:45 | edit

Mちゃんへ

おお、よかった。
それが間違いじゃなくて。
つぎはいつ会えるかいな・・・それがオレの当面の楽しみばい♪

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/02/28 08:47 | edit

のんさんへ

ありがとう。
こころに沁みました。そしておおいなる励みになりました。
ところで、おじょうちゃんはお元気かいな?
うたは、さっそく、さっそく登校初日から、ろくでなしと仲良くなりやがりました 苦笑
ハードロック好きの事務員の兄ちゃんとも仲良くなりやがりくさりやがって・・・おっと、失礼、ちんぴら口調がすぎましたねっ。
授業の初日に(教科書は2ヶ月後しか届かんくせに授業があるげな)、
先生が「国立大学に受かりたい人、挙手?」ゆうたら、
誰も手をあげんやったようです。
そんで、ユニフォームは2ヶ月後しか出来上がらんらしく(体操服上下のような簡単なものなのに)
そのあいだは私服で登校できるので、全生徒たちは服装に磨きをかけとるんて!
ばってん娘は本日、うどん犬Tシャツを着ていきました。
まったく注目されんかったらしく、落ち込んでました。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/02/28 08:55 | edit

結婚<恋人<<ナンパ師

ご返答ありがとうございます。
「知らないネイティブ、すなわち、恋人や親類以外の人々からの会話から」・・・同意です!
現地に来て間もなくいい人と知り合い結婚した友人たちは、ことばの習得が遅いです。人間としてはそれはそれはチャーミングなのですが。

こんな質問、まさに釈迦に説法なのですが、ダライ・ラマがお話になる英語をお聞きになったことはありますか。
たどたどしくはなく、しかしネイティブの英語を目指してはおらず、堂々としているのに、押しつけがましくない。外国語の理想形だと思います!

URL | Lon #-
2014/03/03 14:15 | edit

Lonさんへ

ナンパ師が一等賞 笑
チベットの僧侶になるには、英語の習得が必須。
素晴らしいことやなぁ、と、思う。
「世界に向けてチベット仏教を広めるには英語を学びなさい」という
法王のお考え。
それだけでなく、僧侶になるには、ひとつのことに秀でているだけでは足りなくて、
まんべんなく多くのことを学びなさい、っちゅう考えも、すぐれとるなぁ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/03/03 21:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/894-3a55b302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)