ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

合掌の和  


合掌の意味 にはさまざまな説がある。
オレが、これだ、と思う説は

両手の手のひらをあわす合掌のこころは
『手を使いません』 というところにある。
  (大分大学教授・脇坂真澄氏説)



四足歩行ではなく 空飛ぶ羽根もないわれわれ人間は
手を使う能力をいただいておる。
その手であらゆるものを作り、創り、造り、文化を築いてきた。

だがしかし、いらんもんを作り、造り、創ってきたこともまた確か。
核兵器をつくり原子力発電所をつくり
自然災害によりぶっこわれた原子力発電所もそのままに、
どんどん猛毒を垂れ流しつづけ、地球を破壊している。

そのように数々のものを造り・創り・作ってきた手を
『使いません』というポーズとして
合掌という動作は
非常に自然に体から出てくる動きじゃないかな?

ひとは大自然を前にすると抗えない大きなちからを感じ
畏怖の念をいだき
自然と手をあわせてしまう。
カトリックの信仰では手をスクラム組んで祈る。
チベットの礼拝である五体投地も
大きく手を頭上にかざし合掌したあと大地に掌から体を投げ出す。


信仰外としては
戦で白旗をあげるポーズも両手をうえにあげる。
もう手は使わんけん、って降参しとるわけたい。
商人が揉み手ですりよってきて
「だんな~安くしときまっせ~」っちゅうんは
てのひらで狡猾さをもみくちゃにして
「他意はないけんねっ」って示しとる、とも受け取れる。

もうひとつセックスんとき手を縛られて男の(あるいは女の)征服欲を満たしてあげるのも
合掌に近い。
あなたに服従します。
煮ろうが焼こうがなんなりとお好きになさって、とみずからを捧げる。

なのでオレにとってはセックスのときの拘束プレイも
相手の仏性をおがんで合掌することと同じなのだ。
 おっと、話が逸れてきた。






昨今のビーチでの寿司売りでは、
僧侶・Welderのまねをして、合掌を返してくれるかたが多い。

P1440185.jpg

P1440195.jpg

P1440196.jpg

P1440206_2014021721352693b.jpg


お寿司が売れることよりも、
人々が合掌してくれることのほうが、実は、うれしい。



クリック♪ 
関連記事

AD

category: 仏教・哲学

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは☆

わぁ~、ビーチで笑顔で手を合わせているブラジル人たちを見ていると、タイで合掌していた人たちを思い出します☆
今は僕の頭の中では〝オブリガード〟という言葉がしょっちゅう飛び交ってますが、当時は〝コープンカップ〟という言葉をよく思い浮かべてました(笑)
ブラジルでタイ料理店を営もうとしているゆきゑさんとはやっぱりなんらかの〝縁〟を感じますね(笑)

僕も成田で外国人向けの漢字Tシャツを持ってビーチに繰り出すぞ(笑)☆

URL | nipul #Ya9ewGVs
2014/03/08 01:49 | edit

nipulさんへ

タイのサワディ人形は、ぜひ店に飾りたいと思うとる。
あの合掌しとるお団子頭が愛おしい。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/03/10 05:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/895-d120e2de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)