ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

“蚊”に代表されるブラジル事情  


先日、わが街NATALを訪れてくれた、サポーター日本代表のアシシ氏
ブラジルに土着しとるオレなんかよりも、よっぽど有益な情報を発信しとって
畏敬の念と心からの感謝を抱いておる。

そんな彼をはじめ、
ブラジルの蚊の猛威について発信しとるかたがたもようけおられるので
もうすっかり知っとるかたもおられようが、
オレの目でも述べてみよう。


ブラジルの蚊に刺されると、とてもかゆい。
どんなこころやさしいひとも蚊どもに殺意をいだくほどだ。



そして、ブラジルにも、にっぽんの夏になじみ深い、このうずまきちゃんは存在する。
1655235_298761813607328_2093414894_n.jpg


日本から来て滞在2ヶ月めのオレの友人は、
インスタントラーメンと間違えて熱湯で3分、食ってしもうたが、生きておる。
10009596_298762643607245_1982500235_n.jpg


このことからも解るように、この蚊取り線香、ひとっつも効果がない。
テーブルの下で、もくもくと2つ焚いても、蚊はぶんぶんやってくる。
オレらはこの蚊取り線香のことを『気休め君』と名付けておる。


このようなタイプもある。
P1460124.jpg

これは、窓をしめきった密室では効果あり。
ばってんブラジルの一般家庭において、エアーコンディショナーがある家は少ない。
エアコンなしの部屋を閉め切ると暑くて眠れない・・・


ならば、ブラジル人はどうやって蚊の猛威から逃れておるのか、っちゅうと・・・











 ブラジル人は、蚊にさされてもかゆくないのだ!






オレが蚊にさされて、「かゆい! かゆい!」
大騒ぎしとると、
ブラジル人はみな笑う。

「きみは、蚊のアレルギーなんだね」っちゅぅて。





蚊にさされても痛くもかゆくもない人間にとって蚊は、
ただの空気と同じである。
よって、必死で駆除しようなどとはつゆほども考えとらんのだ。



ワールドカップのブラジル戦を観るために、
ブラジルを訪れるかたへ。
ご予約しているホテルなどの宿泊施設にはおそらくエアコンが設置してあるだろう。
すなわち部屋を閉め切ることができるので、
コンセント式の殺虫剤は有効であるのでご安心あれ。
刺されたときに痒さを緩和するために、キンカンを持参すればさらに安心だ。




さて。
ここまで読んでくれたあなたはどう感じたかいな。
日本人は脆弱でデリケートばってん、ブラジル人は強靭だ、
っちゅう感想を抱くかな。

蚊については、このように体質のちがいにより認識が異なり、
さらに文化としては、
停電はしょっちゅう、役所仕事も遅く、
なににおいてもスピードは日本の倍以上かかる国・ブラジル。
大都会のサンパウロでは少しだけ時間進行が早いのだが、
日本・ギリシャ戦の行われるNATALでは、
ものごとはのっこらのっこらゆっくりと進む。
日本から実際にこの地にいらした際に、
文化のちがいにおおきく衝撃をうけること多々やろう。


ブラジルって信じらんな〜い、ありえな〜い、ばかみた〜い、
っちゅう感想でおわるか
その先まで発想を展開させて
「ブラジルって面白い。
 ブラジル人って、だからこそ楽しい。すぐれとる。かっこい〜!」
 に至れるかはあなた次第。
どうせなら、そう感じるまで、ブラジルを楽しんでほしい。


P1450132.jpg


ブラジルにおいて、
蚊にさされて怒り狂う夜もあり、
眠れずノイローゼになりそうな日々もあったオレは言う。

「蚊の猛威はしんどいばってん死にゃあせん。
 かならずあとから笑い話にできるけん、
 ブラジルにおるあいだ思う存分たのしんでくれ。」

そんくらいおおらかな気持ちで来伯してくれたらブラジルは100倍楽しい。


クリック♪ 
関連記事

AD

category: こころ

thread: ブラジル - janre: 海外情報

コメント

ブラジルの蚊¥は、citronelaが効きますよ。
ろうそくや、エッセンスオイルをアロマタイザーに使ったり、
掃除のとき、エッセンス入りの水で拭いたりしてもOK.
または、citronelaの葉っぱを揉んで、撒いとくとか。

旅行中など手に入らないときは、扇風機をつけたまま寝ると寄ってこないよ。

URL | ヨーコ #-
2014/03/14 08:14 | edit

ヨーコちゃんへ

今回も有益情報ありがとう。
しか〜し、ここナタウでは、そのレモングラスもどきの毒草、効かんのよ。
エウカリプトやったっけ、あのオリーブくらいの青い実のなる木も然り。
風びゅうびゅうでの応戦にも、惨敗つづきばい。
やつらは、風に吹き飛ばされないように、必死でしがみついてくるけ〜ん。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/03/14 08:51 | edit

思わずコメントしちゃいます(><)
はい、扇風機とか強風ごときじゃ、蚊ってもっと元気そうですよね(笑
海に住んでた時は、1日中蚊よけクリームつけてました。でも、手はよく洗うからそこを刺されるという(--)蚊取り線香も、PCやる時は股にはさんでましたけど(あら股?w恥)全く効果なしでw

ほんと、地元の人と蚊の話しても異次元でしたw
刺されても「別に」とか言ってたしwww
痒いですよね???
コンセントのやつも、密封された部屋では、蚊の動きが止まりますよねw
密封された部屋に限るってのはよくわかります(笑

本当に蚊は毎日の事なんで、ノイローゼになりかねませんよね。
SPに来ていいことは、大の字で寝れる事です。
蚊帳で寝てると、万が一蚊帳に触れて寝てしまうと
蚊帳に触れてる部分に、蚊の攻撃受けるもんで
何となく小さくなって寝てました(><)
夜中に蚊帳にひっついた蚊の数を見た時は、発狂しそうでした(笑

24時間、バチバチラケット持って頑張ってください!!!

URL | キキ #-
2014/03/14 10:23 | edit

いやいや・・・

蚊ごとき・・・とは言い切れない。
ブラジル人でも命を落とす人だっているよ。
Natalは黄熱病やマラリアはないけどデング熱はあるし。
備えあれば憂いなし。
これまでに一番効いた虫よけ+虫刺されはアマゾンの植物Andirobaのオイルだった。
でもNatalの街中そんなに蚊いないでしょ?いる?やっぱいるか!

URL | belle #-
2014/03/14 11:34 | edit

結局何も視えてないんだね。駆除ばかりに追われることに必死こいてる人たち。。。
かわいそうとしか思えない。
自分たちが何様のおかげで生きていられるのかを知るべしだ。
嫌なことなんて日常生活たくさんあり過ぎる
それをたかがちっこい対象にむけてうだうだいっとるのなんか、ヘタレに過ぎない。黒いデッカい蛾はムリ。あいつは時空を超えてる
だけども鍛えるべきはてめぇ次第!!
なめんなーー!!!

URL | 文美 #-
2014/03/14 11:39 | edit

蚊取り線香食べるやなんてなんてつわものなんや!師匠と呼ばせて頂きたいw

蚊はどこにでもいるんですねーこちらでも以上にでかい蚊が夏になれば親の仇のごとく繁殖して襲ってきます(@_@;) 釣りをしてる時なんか...あーー思い出すだけでも体が笑

今年はブラジルで蚊との戦いを勃発させます!! 今年は勝つで!

URL | たこやき #laIirjiw
2014/03/14 18:19 | edit

キキちゃんへ

蚊になやまされた経験ありの同士よ!
蚊取り線香のけむりは、蚊にはへっちゃらなのに
股にはさんどったら自分が息苦しくなるという、役立たずどころか害にしかならん代物よのう。
蚊の棲息場所にオレたちが住まわせてもろうとる、っちゅうふうに
考えかたを変えると、少しはこころが柔和になりはしたが、
かゆさは緩和せんけんね〜。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/03/14 20:30 | edit

belleへ

デング熱、おっかないばってんね。
備えあっても憂い多々、なのがブラジルやもんなあ。
で、その先にどうするか。
ますます備えを強化するのか、
それとも考えかたを変えて、自分が変わるか、は、個人個人ちがうやろう。
belleんの住まいは、高層階やけんあまり蚊に遭遇せんけど、
NATAL市内でも平屋では、昼間でもぶんぶんおるもんなぁ。
しかしW杯でいらっしゃるかたがたは、
密室で防虫剤を使える環境を提供されるはずやけん
(わが家に宿泊されるかたは別ばってん)
蚊に対して神経質にならずにブラジルを楽しんでほしいもんだ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/03/14 20:36 | edit

文美へ

今回オレが伝えたかった主旨が文美にはそのまま伝わっとるようでうれしい。
黒ぶと蛾ちゃんとも共存してくれよ。
おとといから雨つづきやけん、ベランダに10匹くらい遊びにきとる。
昨夜は頭にとまってくれて、おリボンとしてオレを飾ってくれたんに、素敵やろ。
羽アリがドライアイスのスモークのようにふわふわただよっとって
それはそれは女優気分を味わえた夜やった。乞うご期待。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/03/14 20:45 | edit

たこやきさんへ

そちらは冬が長くて過酷なぶん、
蚊も夏は思いっきり食を満喫するんやろか。
蚊は知恵がある生き物だ。
最初にころは、(この家は5年間無人やったんよ)
どんくさくて、体にとまられてもすぐにたたきつぶせたのに、
今では、とても素早い動きで応戦してくるんに!
たこやきvsブラジルの蚊、勝者はどちらになるだろうか。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/03/14 20:48 | edit

あれ?ちょっと違うよ。ブラジル人が刺されても平気んなんじゃなくて、蚊は外者を好むんだよ。免疫かな?インデオ部落なんかいくと外者にはまっくろになるほど集る。家では長女は来るたび集られているよ。
ブラジルのコンセント式のは殺虫剤ではなくて追い払う物だから窓開けて使って。10メートル四方に一つって計算だから沢山使うよね。きちんした数使ったら(一日中ね)蚊のコントロールは出来るよ。ロライマでは川の近くに住んでいたけれど大体あれで大丈夫だった。でももの凄くお金が掛かる。。。
それから、蚊はビタミンBを嫌うの知ってる?長い期間ビタミン剤大量に飲むのは無理だけど、旅行者なんかはこの方法使っているよ。
もう一つ、蚊の好物は太った人と色白な人。面白いよね。

URL | ニール #l787VQ0.
2014/03/14 22:02 | edit

ニールちゃんへ

あんれま。アマゾンジャングル暮らしのながいニールちゃんの知識にはかなわんなぁ。
コンセント式のん、窓あけとったらぜんぜん効かんぜよ。
やけん閉め切って使いよった。
使用する数が足りんやったんやね。
いまわが家に暮らす面子はぜんいんデブではないのだが、
どんどこ蚊が寄ってくるんよ。
全員色が黒いのに寄ってこられるのは、白い人がおらんけんやろうか。
ひとり犠牲になってくれる色白の人間を置かなならんね。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/03/15 00:31 | edit

こんにちは☆

またまたタイトルバックの画像変わりましたね☆
この前の巨大サイコロみたいな岩をゆきゑさんが破壊したみたいですね(笑)

ブラジルの蚊の脅威は前から聞いていたんですが、ブラジル人がかゆがらないというのは知らなかったです。
やっぱり血や体質なんですかね?
そういえば同じ分量の酒を飲んでも日本人の方がアルコール摂取できる量は少ないから早く酔うって話も聞きました。
日本人も長い間ブラジルで暮らしていれば蚊に対する免疫がつくのかな?
デング熱とかはマジで要注意ですけどね。

前にブラジル入りした時に有効期限10年の黄熱病の注射は打っていったんですけど、デング熱の予防接種はないんでしたっけ?

でも、ブラジルでレイラと一緒に寝てたとしたらかゆいのは僕だけと思うとちょっと切ないですね(笑)

最後の写真、Wさんや良太さん抜きでゆきゑさんが何人ものレイロに囲まれて楽しんでる(笑)☆

URL | nipul #Ya9ewGVs
2014/03/15 03:05 | edit

ゆきゑさん

>しか〜し、ここナタウでは、そのレモングラスもどきの毒草、効かんのよ。
>エウカリプトやったっけ、あのオリーブくらいの青い実のなる木も然り。
>風びゅうびゅうでの応戦にも、惨敗つづきばい

う~ん、こりゃ大変だ。
じゃ最後の手段。酒を浴びるほど飲んで、自分より蚊に刺されやすい人と行動する。
効き目あると思いますよ。ダンナが実践しているので。
蚊に刺されやすい人とは、もちろん私です。うまい血なんだろうな。

URL | ヨーコ #-
2014/03/15 06:39 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/03/15 10:48 | edit

nipulさんへ

うん。かゆがらんね。
先日は、目の前でおしゃべりしよった女性の顔に2匹とまっとったけど、
彼女は、払いもせんかった!
彼女んちには蚊帳があったばってん、
「蚊のアレルギーではない。デング熱がこわいからね。でもめんどくさくてめったに使わない、わっはっは」て。
酒といえば、蚊は酒飲みを好むらしいぜ。
酒をのむと体から二酸化炭素を大量に発散しよるためなのだが、
オレより大酒飲みがわが家に暮らしてくれるとありがたいなぁ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/03/18 00:14 | edit

ヨーコちゃんへ

ビールが大好物のだんなさんよりも、
ヨーコちゃんのほうが蚊にさされやすいん!?
オレの血はばりばり汚れとるはずやけど、よう刺されるなあ。
怒ると血がにごる、と聞いたことがあるけど、
怒りん坊は蚊にさされにくいんかもしれんね。
・・・と思ったばってん、いつも娘を叱り飛ばしよるオレは、やはり刺される凹

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/03/18 00:17 | edit

ばりぃNさんへ

たくさん教えてくれてありがとう。
いろいろ統合して試してみるね。
ゴキブリといえば、ここのやつは、サンパウロではみたこともないような姿形をしとる!
思わず見入ってしまうほど独創的で芸術的なのだ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/03/18 00:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/918-8316fa94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)