ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

インド・タイ料理屋店主のドキドキ  


これからタイ料理屋をやることについての
第一の心配点は、

 地元の人が斬新な味を受け付けにくい性質をもっとること。


大工のファビオにはいろいろな味を試してもろうたが、
巻き寿司ノー、おにぎりノー。


スパゲティ麺を使っての冷やし中華を食べてもらおうとしたらば、
タレの匂いを嗅いだだけでノー。
醤油をちろっと舐めて、それもノー。
マヨネーズをたんまりかけて食べておった。
P1460770_201404052252092a4.jpg



ブラジル人にも比較的浸透率の高い焼きそばも、
ファビオ初体験。
やはり苦手だったらしく、ケチャップを大量にかけて食べておった。
P1470068.jpg



かつて暮らしていた都市・サンパウロには
世界中の味とアイデアが充足しとって、
珍しい味を楽しむやわらかい頭の人がようけおった。
インド料理店もタイ料理店も、少ないながら存在しとって、繁盛もしとった。

ばってんここNATALではインド料理店はない。
タイ料理店も以前あったらしいが、すぐに店をたたんでしまったそうだ。


このような土地で、どのように人々の舌に「美味しい」と思わせることができるか、
楽しみでたまらんでドキドキする。

コック・Welderの料理が美味い、のは確実やけん、
あとは『めずらしい』を『美味い』に転化させる回路をつくるために、
魔女であるオレはどげなマジックをつかおうかね♪


クリック♪ 
関連記事

AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

コメント

お久しぶりです。

たまーに現れるエルです。おはようございます!
わたしも去年の年末からお寿司屋さんを始めたんです。
始めてまだ5ヶ月ちょっとなんですけど、それで気づいたこと。
みんな初めて食べるものにお金を払わない!?
っていうのも、2ヶ月前に新しいメニューを入れたんですけど1個も売れなかったんです。
原因は、見慣れない&聞きなれないやつだったからかなーと思って。

なので最初は自由に料理をとれるポルキロにするとか試食会するとかまずは口に入れてもらえるようにするといいかもですね☆

ファビオさん、巻き寿司も冷やし中華もおにぎりも、どれもおいしいのに・・・
ノー!ってなるのはやっぱ「なんじゃこりゃ」な気持ちがあるからですかね。
ファビオさんには今度から目隠しして食べさせたらどうでしょうか( ̄∇ ̄)

これからゆきゑさんからどんなマジックがかかるのか、楽しみにしてまーす!

URL | エル #-
2014/05/08 20:30 | edit

冷やし中華にマヨネーズって、にゃ~ごや人ですか?
あんかけスパゲッティーは食べられるかな?

ブラジルの地方でもどこでも、保守的な地域は、ある程度妥協しないと難しいところがあると思う。
どこまで自分が許せるかが、難しいところだね。

でも冷やし中華にマヨは、絶対食べたくない!

URL | ヨーコ #-
2014/05/08 22:19 | edit

こんにちは☆

大都会サンパウロでスタバに行くような人たちは別として、ブラジル人は意外にも自分達が食べたことのあるものしか口にしないというのはよく聞きました。
僕が最近知って驚いたのはブラジル人は意外と野菜嫌いが多いということです。
なんでもヤキソバも野菜抜きで注文する人が多いとか。
タイ料理にとって野菜は切っても切れない存在だと思いますが、果たしてどうなるか(笑)
まずはオープン前の今のうちから近所の子供たちにタイ料理をごちそうして舌を慣れさせておくっていうのはどうですか?
子供が美味しいって言えば親も買いそう(笑)

URL | nipul #Ya9ewGVs
2014/05/09 03:43 | edit

エルちゃんへ

わお。お寿司屋さんを! まだ5ヶ月、とおっしゃるが、5ヶ月も、と誉め称えるよ。
かくゆうオレらも、5ヶ月ばかりビーチで売り歩きよる。
そしてビーチでも『寿司を食べたことのない人』が買ったことはないね。
すべては、食べたことのある人やった。
そして、食べたことのある、フルーツ巻きやサーモンの握り、などを求める人も多い。
日本人のオレら相手に『寿司とは・・・』っちゅうウンチクをおっしゃるブラジル人も多々。
ばってん、これから開業するわがレストランでは、巻き寿司も冷やし中華も焼きそばも提供せんのだ。
ビーチでの寿司をレストラン事業につなげるつもりが全くないんよ。
ムケカやカウドなどの鍋系の料理が土着しとるノルデスチやけん、
トムヤムクンなどが受け入れられやすいのでは、と楽観しとるんよ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/05/09 06:10 | edit

ヨーコちゃんへ

ピザを食べるときに、
パウリスタは、オリーブオイルをかけて
カリオカはケチャップをかけて、
クリチーバの人(なんて呼ぶ、っちゃろか…)は、マヨネーズをかける、っちゅう逸話を聞いたことがあるよ。
ウソかまことか。
いま、夢のように太い蚊がオレの腕にとまった!
絶対に日本人の血は吸わん、っちゅうポリシーなど欠片もないっちゃろうなあ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/05/09 06:13 | edit

nipulさんへ

> 大都会サンパウロでスタバに行くような人たちは別として、ブラジル人は意外にも自分達が食べたことのあるものしか口にしないというのはよく聞きました。
いまオレは、ふとい蚊にちゅうちゅうと血を吸われ、狂うほどかゆいのだ。
どうか日本食を嫌うブラジル人と同じ数ほど、日本人の血をきらう蚊が存在しますように、と
お星さんに祈りたくなった。
うそかホントかわからんばってん、ブラジルに『野菜を食べる』っちゅう習慣を定着させたのは
なんと日本人なのだ。
日本移民がたくさんの野菜(種やね)を持ち込み、食べかたを教え、健康によい、っちゅうことも教えて、
ブラジル人に野菜を食べる習慣が根付いたのだとか。
肯定的な見方をすれば、白菜、っちゅう日本移民が持ち込んだ野菜を
ブラジル人はよく食すよ。しかも生で。
千切りにして、皿に薄く敷いて、塩をかけたうえに、
刻んだニンニクをきつね色に炒めた油ごと、じゃっ、とかける。
これは美味いよ。
ところで近所の子どもたちは、オレが作る唐揚げやポテトサラダをものすごく好んで食べる。
頭脳だけでなく、子どもは舌もやわらかいんやなぁ。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/05/09 06:19 | edit

冷やし中華にマヨ

大好きです!!!!!!
め~っちゃマヨラーなのでwww
でも焼きそばにケチャップは…あ、でもソースとケチャップは合うからイケルのかしら…

ブラジル人は初体験のものに手出さないっていいますもんね…
インド料理もタイ料理もおいしいのに!
受け入れてもらって、大繁盛するのを期待しています!!
このBLOG見てはほとんどの記事で喉がごくり…と鳴らしていますwww

あ!あと、クリチバの人は、クリチバーノって言うらしいです~。
うちの近くに、思いっきり壁に表記している土地がありますw
アピールしすぎwww
クリチバでピザにマヨネーズは初めて聞きました!!

URL | sara #-
2014/05/09 08:29 | edit

ブラジル人って言ってもブラジルは大きいからね。北東部や北部はもの凄く伝統的で新しいものは中々受け居らない。そして貧しければ貧しいほど食べるものはワンパターン。野菜さえ食べない、全てファリーニャ無ければ食べない。。。そんな感じ。。。私の家で働いていた女中さんがぼやいていたよ。新しい料理を覚えて家で作るんだけど、ニョッキにファリーニャかけられるって。。。(笑)。それは食べ物だけでは無いよ。ゆきえちゃん達が体験している全てのもの。たとえばサービスが悪いっていうのも奴隷制度のなごりだし質素な生き方も北東部の砂漠化に関係しているんだ。北部でレゲイが盛んなのは70年代にブラジルのラジオがとどかなくってカリビアンのラジオばっかり聞いていたからなんだって。。。
そんな歴史を理解しその土地に染まっていき、それでも新しい感覚を造り出すってもの凄いことだと思う。
昨日ね家のダンナにゆきえちゃんたちの生活語ったっていたんだ。サッカー観にいったりボテコで酒のんだり、ペドレイロの家でシュッラスコしているよーって。彼「ヘー凄いなーきっと成功するよ」って言ってたよ。ブラジルで新しいことを始めるのにはそれが大切だからね。謙遜的な心で人々の現実を味あってそれらの美しさを体験する。ファビオ達が味分からなくても一緒に仕事する人間だからね、味は一生分からないかもしれないけれど味や人情によって人間を理解できたらそれでいいんだね。他人の世界を謙遜的に体験するってもの凄く難しいけれど実に禅的だと思う。
前に店をたたんだ料理店もそんなことが出来なかったから。私は北部で伸びなかった事業、伸びた事業、沢山見てきたよ。私達家族はすごくしんどく感じて心地よい環境にもどってきてしまったけれど、新しい環境にへのチャレンジはもの凄い懐かしさを感じる。。。だからねゆきえちゃんの細々とした報告がとても嬉しいんだ。上手くやってるなー、成功するなーって感じて応援して。。。
ロライマでも寿司は完全に受け居られていたよ、私の友達のダンサーは実に貧しい子だったけれど月に一回、寿司を食べることを楽しみにしていたよ。船寿司60レアイスを二人で30レアイスずつ。。。寿司きちんと数えてきっちり半分づつ食べるんだって。サーモンだけの船寿司をね。、、
家ではね、長女が小さかった頃、誕生日パーティで母が作った薪寿司、お義母さんは試食して飲み込むこともできず吐き出していたけれど。。。。この頃寿司は大好物たよ。サンパウロでは日本食はシックなイメージになったからね。
応援してるよ。毎日。心から。。。

URL | ニール #l787VQ0.
2014/05/09 20:28 | edit

他コメントの野菜を食べる習慣は日本人が定着させたとは!!
でも、確かにブラジルで野菜のイメージはあんまり無いですね〜(^_^;)
肉肉肉肉!!!だから飲む野菜のマテ茶ですよね。
私は好き嫌いも無けれは苦手だった物も大人になって酒のつまみとなり好きになった物も沢山ありますしねー。どんな地域、国に行っても地元民の集まる店、屋台、ローカルフードばっかり食べちゃいますけどねー。でも唯一、最近近所に出来たブラジル料理屋だけは全く行く気がおきないのは日本人が営業してるからなんですよねー。シュラスコの醍醐味は、あの濃い顔がテーブルで肉を切り分けてくれるからこそなのに…。は〜。
あ、長々と失礼しました〜(^_^;)

URL | wakana #-
2014/05/09 22:05 | edit

一応、ブラジルにも野菜を食べる習慣はあったんだよ。
オーラ・プロ・ノビス(前にもコメントしたサボテンの一種)やタイオーバ、
北のほうではマンジョッカの葉など、ブラジル特有の野菜は植民地時代よく食べられていたんだよ。

だけど、20世紀に入って、日本やヨーロッパの野菜が売られるようになると、
在来種はビジネスとして価値がないと位置づけされ、
ブラジル人でも聞いたことがない、幻の野菜になってしまった。
栄養価は高いんだけどね。もちろん天候や害虫、病気にも強い。

果物も、在来種のものはあまり知られていない物がまだたくさんあるよ。
それらが全滅しないことを願うばかりです。

URL | ヨーコ #-
2014/05/10 00:59 | edit

saraちゃんへ

ややっ。マヨラー!
では、ブラジルのマヨネーズについては、もの申したいこと多いやろ?!
クリチバはもう寒いのかな。
こちらずっと暑いので、熱いラーメンのありがたみが半減してしまう。
鍋ものが恋しいばってん、こう暑いとなぁ・・・

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/05/11 02:11 | edit

ニールちゃんへ

こころからの声は、距離も時空も超え、届いとるよ。応援ありがとう。
ニールちゃんが旦那さんと話してくれたこと、とてもうれしい。
> サッカー観にいったりボテコで酒のんだり、ペドレイロの家でシュッラスコしているよーって。彼「ヘー凄いなーきっと成功するよ」って言ってたよ。ブラジルで新しいことを始めるのにはそれが大切だからね。謙遜的な心で人々の現実を味あってそれらの美しさを体験する。ファビオ達が味分からなくても一緒に仕事する人間だからね、味は一生分からないかもしれないけれど味や人情によって人間を理解できたらそれでいいんだね。他人の世界を謙遜的に体験するってもの凄く難しいけれど実に禅的だと思う。
 ↑
このくだりが特にうれしかった。
NATALに越して来てすぐに、日本人の先輩からアドバイスされたことがあるんよ。
『決して使用人と食事したり飲みにいったりするな』って。
大先輩からの助言やけん、しっかりと頭にたたきこんだけど、
そのとおりに行動することをオレは拒んどる。
オレらは、真の意味でもドナじゃないし、ファビオは使用人ではなく共に働く友人だ。
いままでの半年間で、ファビオもそのことを解ってくれ、
いまようやく肩の力をぬいて、ともに働くいい環境をつくりあげとるよ。
そして、週末にはいっしょに遊ぶ。
なにひとつごちそうしてあげることもできんばってん、
彼らはあたたかくオレら家族を迎えてくれるんよ。それがうれしい。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/05/11 02:18 | edit

wakanaちゃんへ

ほんと、どこを切っても、肉肉肉肉! やね。
野菜をあまり摂らないブラジル人ばってん、すこやかな体を保ててる理由に
果物を多く食べることも挙げられるやろうな。
果物はブラジル人の暮らしのすぐそばにいつもある。
> シュラスコの醍醐味は、あの濃い顔がテーブルで肉を切り分けてくれるからこそなのに…。
  ↑
この言葉にオレは勇気づけられたれ。
ビーチの寿司の醍醐味は、あっさり顔の日本人がさわやか〜に売りにくるからだ!

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/05/11 02:21 | edit

ヨーコちゃんへ

外来種が在来種を食ってしまうのは、植物の世界にも在るのだな。
天候や害虫・病気に強い在来種こそ、大切にせなならんのに、
なかなか愚かな人間はそのことに気付かず、目先の利益ばかりを追う。

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/05/11 02:30 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/05/29 01:23 | edit

aさんへ

ひゃ〜。
『ゑん』開店を目前にして、ものすごい磁気感じる縁!
お話できて、ものすごくうれしいです。
では・・・来週・・・

URL | 菌玉ゆきゑ #-
2014/05/29 05:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bumbumyukie.blog.fc2.com/tb.php/941-9f1a8468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)