ビキニcomブッダ@ブラジル

                                          BRASIL連邦共和国 Rio Grande do Norte州の海辺にて                                                  ビキニで暮らす仏教徒の『ゑん』な日々♪

悪名高し! ブラジル産の鶏肉  






情報というのはおそろしいもので、
たとえまちがった情報であったとして
のちほど『誤情報』でした、と訂正されたとしても、
最初に耳に入ったものは脳内にとどまったまま
なかなか忘れられるもものではない。

もう数年前から、否、10年以上前から、
何度も何度も出てきては消え、
出てきては消えする情報のひとつに
『ブラジル産の鶏肉は危険だ!』
 という内容がある。


たとえば、
『ブラジルの食肉問題 発がん性物質も使用か』(←リンクありクリック)
 というタイトルの3月末の日テレNEWS24の記事。

内容の中身をきちんと読めば、
政府の役人に賄賂を払って検査をまぬがれるというインチキをして
衛生基準をみたさない食肉や加工品を販売した21社のうちには、
肉に発がん性のある化学物質を使用した社もあるのだが、
21社中、日本に鶏肉を輸出していたのは1社で、
厚生労働省によるとこの1社は
衛生上の問題でインチキはしておらず
会計上の不正操作での摘発であり
鶏肉本体には問題はない。と示しておる。





『ブラジル食肉の不正操作、
 世界規模で横行する「食品偽装」から身を守るには』
(←リンクありクリック)

というタイトルの記事は、
実際に日本に問題の鶏肉が輸入されたことを明示しておらず、
文中の厚生労働省担当者の言葉には、

「ブラジル産の鶏肉は、
 EUの基準に合わせて飼育している、
 という意味で安心できるのです。
 中国は抗生物質を大量に使って鶏を大きくするのですが、
 EUは抗生物質の使用に厳しい。
 “ブラジルの食肉は抗生物質の投与が少ない”
 ということで日本は輸入が多かったのです」

と、むしろブラジル産鶏肉の安心さを述べている。



このようなセンセーショナルなタイトルのニュース記事があふれるなか、
先日とてもとてーーも悪意的なブラジル鶏肉についての投稿を目にした。

以下が、そのFacebookの投稿内容だ。


安い
ブラジル産の鶏、豚、牛肉はとにかく安い。
あのミートホープも豚肉以外に一番安いブラジル産の鶏肉を混ぜて牛肉と偽って売ってたくらいだ。

なんといっても地球の裏側からの輸送費を含んでも安いのだから
輸送費を引けば、もうタダ同然の肉である。
00年か01年のはじめ頃にアメリカは
「ブラジル産は毒肉だからもう絶対に食べないぞ~!」と言い出して
輸入を禁止してしまった(その後どうなったん?)

ブラジル産は大量の抗生物質と成長ホルモン剤などの化学物質で汚染された毒肉だったので、
毒肉を作っているアメリカからも毒肉呼ばわりされてしまった(笑)。
そして、アメリカが毒肉を買ってくれなくなったもんで
ブラジルは困り果ててしまった。

「どうするよ?この大量の毒肉?オレたちだってよ。
こんな毒肉を喰うくらいなら死んだほうがマシだぜ!
よし!日本に売ろう! やつらは馬鹿だから絶対に買ってくれるぜ!」

こうして日本の多くのファミレスなどでは
「ブラジル産ポーク使用」「ブラジル産チキン使用」などと
表示されたメニューを目にすることになった(笑)。

そのメニューを見て
「へえ~ブラジル産だって!わざわざ地球の裏から運んで来るんだからよっぽど美味しいんだね!」
しかし現実は、地球の裏からの運賃を掛けても安く、
現地人は絶対に食べないほどの汚染物質と同等の毒肉なのだ。

今でも外食産業のメニューで見かけるが、
それ以上にブラジル産が輸入されている理由は
産地表示の義務のない
ハンバーグ、ソーセージ、ハム、肉ダンゴ、肉饅、
カップ麺のスープや具材、レトルト食品などなどの加工食品で使われているからだ。
日本には、ブラジル人も絶対に食べないブラジル産であふれている。




〜〜転載おしまい〜〜



この書き手は、著名な医師らしいので、
この記事を目にしたことのあるかたも多かろうと思う。
著名であるということは影響力も少なからずあると思うし、
実際にこの投稿へのコメント欄は
「ゆるせません。シェアします」とか
「驚きました。シェアさせてください」とかであふれていた。

たまに反論のコメントもあったが、
それに対しての反論も多く、こころのざわつく内容ばかりだった。
ブラジル在住の友人・Sがこの投稿へ反論していたが、
Sの丁寧な論に対しての投稿者からの回答はなかった。



17年前の出来事をどこからか持ち出してきて、
その後どうなったん、と放り投げるあたり、
いい加減な情報提示者であることがうかがえる。

オレは友人・Sに倣ってこの記事に異議したく、
ポルトガル語に堪能な娘をつかって調査してみたのだが、
17年も前のことやポルトガル語での情報の出所など不明点が多く、
この投稿への直接の異議は断念した。


しかし。
自分の身近にある一般ブラジルのこと、
オレのまわりのブラジル人の生活の在り方は解るので、
不安を抱いている日本のかたに向けて、
というより、
ブラジル産鶏肉は毒だ関係のニュースに不安を感じているかたにむけて、
2点だけ申しておく。



まず、その1。


オレの身近のブラジル人で、
ブラジル産の鶏肉を食べない人は
皆無だ。



オレの認識では、
アメリカはブラジル産の鶏肉をやり玉にあげとるが、
実はアメリカの本当の目的は、
言うことをきかないブラジルを面白く思っておらず牽制するためだった、と思う。
ブラジルの悪評を広めるために
「ブラジルの鶏肉はブラジル人も食べない毒肉だ」と
ブラジル鶏肉を輸入してる国々に伝聞し広めたともオレは想像しとる。



そして、もう1点。

「どうするよ?この大量の毒肉?オレたちだってよ。
 こんな毒肉を喰うくらいなら死んだほうがマシだぜ!
 よし!日本に売ろう! 
 やつらは馬鹿だから絶対に買ってくれるぜ!」
 という部分に対して。


オレはブラジル在住8年だが、
ブラジル人のほとんどは親日家だと知っている。
日本移民が行儀よく心正しく
ブラジルで生きてきたことを評価してくれとるからだ。

そんなブラジル人たちが

「どうするよ?この大量の毒肉?
 オレたちだってよ。
 こんな毒肉を喰うくらいなら死んだほうがマシだぜ!
 よし!日本に売ろう! 
 やつらは馬鹿だから絶対に買ってくれるぜ!」


などの言葉を発するはずがない。
日本人をバカ呼ばわりするはずはない。





この2点は、オレの主観のみで述べていることを、
ふたたびここに申し添えておくうえで
かさねて申すが、



オレらはブラジル産の鶏肉を
毎日ニコニコうめぇうめぇといただいており、
日本人はいいやつだ、と初対面のときから
ブラジル人から好意的に受け入れられている。




DSC_0145 のコピー

DSC_0166 のコピー

写真は、
とり天定食とチキンカツ定食。
ふわふわでとても美味い!




人の数だけ
いろんなものの見方や受け取り方があろうばってん、
扇情的な記事に、みごとに煽られて、
ブラジル人は日本人をバカにしとるぞ、などと
カッカしないでくれ。

なんでも冷静に自分で読んで判断する力を持たななぁ、と
このブログを書く動機になったFacebookの投稿に
見事にカッカした自分の心をのぞきこんで思った。

そう。
いちばんカッカしたのはオレなのだ、わっはっは。





(=ΦωΦ=)


AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

人気の一品やきそば  







雪の降り積もる山奥の深友・まりんこが
「焼きそばは絶対にメニューに載せなならんでーー」と
言うてたとおり、
日本の焼きそばが隠れ人気メニューとなっている。

当初は、日本人や日系人、日本マニアのために
焼きそばを提供しようと思っていたのだが、
意外や意外!
非日系のティーンを含む集落の人々に大人気なのだ。
IMG_6964_20170626210619e6b.jpg




うちで仕事をしてくれる大工さんたちも
「お昼なん食べたい?」きくと、
「焼きそば」と答える。
IMG_6354.jpg





ジェアンなんか、やせっぽっちなのに
ものすごい量をぺろりと平らげるのだ。
IMG_6890.jpg




こないだファビオんちに遊びいくときも、
手持ちで料理を持っていこうと思い
「お寿司がいい?」と妻のダニエラにたずねたら
「焼きそば」と言う。
IMG_7173.jpg




そんなわけで、
地元ブラジル人向けに大特価で焼きそばを提供しとる。


みんなお箸でがんばって食べようとしとる。
IMG_6346.jpg

IMG_6353.jpg




ところで、かつて暮らしたサンパウロには
日本人や日系人が多く、ヤキソバはポピュラーであったが、
ほとんどのものはあんかけタイプであった。

あらかじめ茹でおいた麺を軽く炒めて、
とろみをつけた具材をそのうえにかけるスタイル。
foto_yakisoba_artistica.jpg





しかしうちのヤキソバは、
麺をソースとからめるスタイルで提供している。
IMG_6888.jpg


焼きそば屋になるつもりはないのだが、
提供するからには特別な一品としてどこまでも美味く作りたい。
ソースは研究に研究をかさねた自信作で、
ブラジルNo.1の焼きそばではなかろうか、と自負しとる。
とても美味しい自慢の料理だ。






(=ΦωΦ=)



AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

ついにやってしまった  








レストラン用に仕入れた肉が、その週にさばけなかった場合、
冷凍して翌営業日にまわすことにしている。
翌営業日には自然解凍しておいて来客に備える、というわけ。
電子レンジがあれば解凍せずに
来客があったときに解凍して調理する、という手段がとれるけど、
自然解凍したものを再び冷凍するのは、肉の質がいちじるしく落ちる。
その味をお客さんに提供することはできない。

よって、1度冷凍して解凍した肉が売れ残った場合は
オレら家族で消費することになる・・・

・・・っちゅうことをおおいなる言い訳に!


オレの昨今の朝ごはんはドカメシを極めている!!
 っちゅう話を。



もともと、子どものころも日本で会社員だったころも、
『遅刻してでも朝ごはんは絶対に食べる』のがオレだ。
朝起きるとおなかがぺこぺこなんよ。
朝ごはんを抜く、という選択は、呼吸を止める、ということに等しい。


このブログにも何度か書いたが、
今も朝から豚カツ定食などどっかんどっかん食べている。
DSC_0144 のコピー




ハンバーグは300グラムをがつんといく。
DSC_0172 のコピー




先日は、大分名物のとり天も朝からいった。
ぼん酢ゆずごしょうと天つゆと2種類のタレでいただいた。
実に美味かった!
DSC_0143 のコピー

が、オレにはちいとあっさりしすぎていて
もうちょいボリューム感がほしいところだ。





で。ぶっとい鶏カツもやっちまった。
DSC_0136 のコピー

ぶっとい鶏肉のふわっふわの触感に目の前がバラ色になった。




親子丼もやさしい味で素晴らしかった。
DSC_0148 のコピー




定番の鶏唐揚げはいつ食べても美味い。
DSC_0126 2 のコピー

 が。やはり鶏より豚だぜ、とちぃと物足りない。






やっぱり豚よの〜、とカツ丼も何度もやった。
DSC_0218 のコピー

力が沸いてきて万能感すら生まれて
一日中元気いっぱいでいられる気がした。





そしてついに!




カツカレーを朝ごはんに食べた!



DSC_0137 のコピー

最終地点まで昇りつめた、っちゅう達成感と、
どんなドラッグにも叶わない七色のきらめきを
はらわたから感じ、しあわせに包まれた!










幸せに包まれすぎて、ベッドに戻ってぶっ倒れた。





っちゅうわけで、
朝ごはんにカツカレーは、
Too much、っちゅうことが解った。





ところで、
こんなに大喰らいで油っこい揚げ物が大好物なオレだが、
ひとつも太らん。
普通だと、こんだけ食べてりゃ大デブになっているはずなのだ。

その理由は、解っておる。

解っておるけど、言ってしまうと友だちがおらんくなりそうなので
今までは他言したことはない。

しかし、いま言ってしまおう。

内臓に巨大な寄生虫がいるのだ。


検査を受けたことはないけれど、
ぜったいに居る、と解る。
なぜならごはんを食べたとき
おなかの虫も喜びを共鳴しているのが解るもん。






(=ΦωΦ=)



AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

ドライマティーニの夢、かなう!  







1ヶ月程まえに、
『ドライマティーニの夢』 っちゅうブログを書いた。


突如、マティーニへの焦げつくような恋慕の情に襲われて、
ジンとドライベルモットを探すも、
スイートベルモットしか売ってなくて泣く泣く諦めた。
 っちゅう悲しい内容。




先走って買ったマティーニグラスは、
花瓶になりさがっていた。
DSC_0165 のコピー


 そう。なりさがっていた、のだ!
 


 ばってん、こやつは昨夜、
 花瓶からマティーニグラスに
 昇格したのだ!!

IMG_4350.jpg





ベルモットをどうやって手に入れたか、
っちゅうと、

作ったったい!



参考にしたのは、
この(←リンクありクリック)記事。



まずベルモット、っちゅうのはそもそも何か、
っちゅうと、
白ワインに香草やスパイスを配合して作られる
フレーバードワインであるらしく。

主要なハーブを調べてみると、
ニガヨモギ、カモミール、ビターオレンジの果皮、
ナツメグ、セントーリー、コリアンダー、クローブ。


ニガヨモギ、ってポルトガル語で何ていうんかな、
と調べたら、なんと、アブサンやった!
なるほど、マティーニはあのアブサンに少し気配が似てる、
と思いよったオレの嗅覚味覚は素晴らしいではないか!?
オレはアブサンも大好きなのだ。




で、さっそくハーブを手に入れるために
路地裏のあやしい葉っぱ屋を訪れる。
IMG_4130.jpg





アブサンをくれ、と乞うと、
おじさんは「それはとてもむずかしい」とのたもうた。
IMG_4132_20170425211454c3d.jpg


 ブラジルで手に入れることは不可能であろう、
 とのこと。
 ちぇーーーーーっ。




仕方がないので、
ニガヨモギの代わりに、
ニガい系の葉っぱを使うことにした。
残りのスパイスはわがレストランに常備しとるものを。
ビターオレンジの皮の代わりに
ブラジルレモンとブラジルオレンジの皮を。
すべて乾燥させた。
ワインは安いチリ産の辛口を用意。

IMG_4262.jpg




ワインを5分ほど煮立たせる。
IMG_4265.jpg



火をとめて、ハーブとスパイスを投入。
IMG_4267.jpg




1時間ほど、そのままに。
IMG_4270.jpg




漉すと、ハーブやスパイスの味が沁みて
美味しそうな琥珀色に変身しとる。
IMG_4284.jpg




空き瓶に移して24時間ねかせる。
IMG_4290.jpg

 ハーブを捨ててしまうのに未練を感じて、
 ニガヨモギもどきの葉っぱだけ残した。








そして、24時間が経過した。
IMG_4299.jpg




ジン4:オレ製ベルモット1の割合で
一直線に作った。


口にもっていくと、
ふわっ、と懐かしいマティーニの香りが!

IMG_4350.jpg



口に含むと、
まさに、まさに、
ほんとうにほんとうにマティーニの味が!!

IMG_4355.jpg

感動して涙ぐんでしまった。





(=ΦωΦ=)




AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

絶品カイピリーニャ  







うちのメニューをみて、ファビオが言うのだ。
IMG_3698.jpg


「カイピリーニャが高すぎる」と。



ぜんぜん高くない!
むしろ安すぎるくらいだ!!

 と、反発するオレ。


ようし。オレ作カイピリーニャをファビオに飲ませようじゃないか!



レモンは1個半使う。
まんなかの白いとこを取り除く。
IMG_4049.jpg




こんくらいの大きさに切って、
IMG_4050.jpg




でっかいシェイカーに砂糖大さじ3杯と共に入れる。
IMG_4055.jpg




カイピリ棒でようくつぶす。
IMG_4063.jpg



ピンガと氷を投入。
IMG_4067_2017042119150642a.jpg




がんばって釈迦釈迦ふる!
IMG_3805.jpg




あーーっ。冷たいでちゅねーっ!
IMG_4069.jpg

IMG_3835.jpg




できあがり❤️
IMG_4072.jpg



 ファビオを倒してやったぜ!

「うめーーうめーーー」言うて大絶賛しよった。
「高くない。これでいい」って!





DSC_0091_20170421191249656.jpg

 
ところで、料理長・Welderは、
『味見は、一口二口ですまさず、
 一皿平らげてみることが大切』
っちゅう方針を持っている。

したがってわが家では、
毎日のようにカレーを食しているわけだが、
カクテルについても同じことがいえると思うのだ。
オレが毎日カイピリーニャを飲んでいるのは
こういう理由からだ。

メニューに載せてあるジントニックとカンパリオレンジも
毎日1杯ずつはたいらげている。
もうすぐマティーニもメニューに追加するので
マティーニも毎日飲まなならんくなるなぁ。






(=ΦωΦ=)



AD

category: たべもの・のみもの

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0